キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

唇の縦ジワ改善策

 

唇の縦ジワの改善策

 

唇 シワ ケア リップスクラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●●●唇の縦ジワが気になる!!●●●


最近、美意識の高まりにより唇のシワを気にする人も増えて来ています。


あなたもご自身の唇チェックをしてみて下さい。


その唇に縦ジワありませんか?


唇に縦ジワがあると口紅がシワの溝に溜まって汚く見えますよね。


それが原因で口紅を塗れずにためらっている方って意外と多いんです。


また実年齢より老けて見える原因の一つでもあります。


でも!このコラムにたどり着いたあなたは綺麗なプルプル唇への第一歩を踏み出しています!


唇縦ジワの原因を知り、正しいリップケアで縦ジワのないプルプル唇を手に入れて下さいね!!

 

 

 

 

 

2、まずは原因を明らかにしましょう。

 

●●●唇の縦ジワ原因●●●

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

原因リスト①乾燥 ②紫外線 ③老化 ④喫煙 ⑤触る・皮を剥く ⑥古い角質

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
2-①乾燥

 

よく勘違いされますが、実は唇は皮膚ではなく粘膜!


皮脂腺がないため体の他の部分より乾燥しやすく、デリケートな部分です。


しかしターンオーバーが他の部分より早い(6日~8日程)ため改善するのも早いので希望が持てますね!


また、意外と多いのが口呼吸が原因の乾燥です。


あなたも気づかないうちに口呼吸していませんか?


口呼吸も唇乾燥の大きな原因です。


口で呼吸する度に唇に空気が触れ唇の水分を奪ってしまうのです。

 

 

 


2-②紫外線


意外と忘れがちなのが唇のUVケア。


顔全体はUVカットクリームをぬったりと紫外線予防をしていますが、唇はいかがですか??


紫外線の影響を受けると真皮のコラーゲンが破壊されハリや弾力がなくなります。


その弾力のなくなった部分がだんだんと深い溝になり唇の縦ジワとして現れてくるのです。


紫外線は肌だけでなく唇の粘膜のくすみやシミの原因にもなりますので要注意です!


紫外線を浴びてしまったと感じたなら重点的な正しいケアが必要です!!

 

 

 


2-③老化


加齢ととにコラーゲンや細胞の生成が遅くなりハリ弾力がなくなります。


唇の角質は極めて薄くハリがなくなるとシワになりやすい部分です。


唇のシワが気になりだしたら今すぐケアを始めましょう!

 

 

 

 

2-④喫煙


タバコを吸う際の口をすぼめる行為が何度も繰り返される事で唇のシワを深いものにしていきます。

 

ビタミンCはコラーゲン生成を助けるので、美しい唇には必要な栄養素です。


一日に必要なビタミンCは約100mg。


しかし、タバコ1本で約50mgのビタミンCを破壊すると言われています。


つまり2本吸えば一日に必要なビタミンCを破壊してしまう事になります。

 

また、タバコの煙に含まれる活性酵素は細胞を酸化させる働きがあるため、酸化によるシワも増える事になります。

 

 

 

 

2-⑤触る・皮を剥く

 

正しいケアをしていないと色んな要因で唇が荒れて皮がむけてきますよね。


皮が剥けているとついつい触りたくなるものです。


触ってしまうと、べロっとした皮を剥きたくなるものです。


皮を剥くとそれに伴い、健康な部分も一緒に剥けて流血してしまいますよね。


そして、それがさらなる荒れの原因になってしまいます。


正に唇の皮を剥く事は荒れの負のスパイラルを作ってしまうのです。

 

 

 

 

2-⑥古い角質

 

古い角質が溜まり過ぎている場合も唇の縦ジワを作ります。

 

古い角質が定着し唇をどんどん固くしていきます。

 

ふっくらプルプルリップとはどんどんかけ離れてしまいます。

 

唇の表面が過角化しシワが出来たらシワの状態から抜け出しにくくもなってしまいます。

 

 

 

 

3、それでは原因が分かったところで、どんな解決策があるか見ていきましょう!

●●●改善策有効な物●●●

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

原因リスト①乾燥 ②紫外線 ③老化 ④喫煙 ⑤触る・皮を剥く ⑥古い角質

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 


3-①乾燥に対する改善策

 

やはり保湿です!そして健康的な食事。

 

即効性があるのはやはりリップクリームですね。

 

しかし、リップクリームも塗り過ぎは注意なんです!

 

合わないリップクリームを塗ると逆に荒れます。

 

さらにクリームと唇の間で摩擦を起こしてしまう場合もあるんです。

 

リップクリームを多用しなくても良い様に、唇自体を健康にしてあげましょう!


唇への栄養補給が効果的です!

 

具体的にはリップパックです。

 

栄養成分が配合されているリップパックを選びましょう。

 

特に蜂蜜が配合されているものがおススメです。

 

蜂蜜にはビタミンCやビタミンB群などの栄養だけでなく保湿効果も多くあります。

 

蜂蜜は唇に塗るだけで栄養を浸透させ、保湿もしてくれます!

 

まずは蜂蜜をパックとして使ってみて下さい♪

 

でも!

 

スーパーで買える蜂蜜はの殆どは水で薄められていたり、

 

加熱処理されているので効果が殆ど無いといえます。

 

蜂蜜パックするなら薄められておらず、加熱処理されていない『純粋蜂蜜』を使用しましょう。

 

因みにLuna Miel(ルナミエル)では純粋蜂蜜を高配合しています♪

 

 

 

 

 

3-②紫外線に対する改善策


まずはUVカットを忘れずに唇にも塗りましょう!

 

つばの広い帽子をかぶるなどして紫外線をできるだけカットしましょう。

 

紫外線を浴びてしまったと感じるなら、こまめにビタミンC補給です!

 

ビタミンCはメラニン生成を抑制してくれます。

 

リップパックの際ビタミンCが配合されているものを選んだり、

 

積極的にビタミンCが多く入っている食品を摂りましょう!

 

 

 


3-③老化に対する改善策

 

老化ではコラーゲン生成が遅くなりハリがなくなる事を前述しましたが、

 

ゼラチンを多く摂る事で改善され易くなります。

 

ゼラチン質の多い食品を選んだり、唇に余計な負荷をかけるような動きをしない事が大切です。

 

 

 


3-④喫煙に対する改善策

 

やはり喫煙はやめる事が手っ取り早く、一番健康的です。

 

しかし、なかなかすぐに止められる訳ないですよね。。。

 

電子タバコや水蒸気タバコにシフトチェンジしてみるのはいかがですか??

 

もし、喫煙がやめられない場合は喫煙により特に多く破壊されるビタミンC

 

を積極的に摂り、唇パックなどでビタミンCの導入を心がけましょう!

 

 

 

 


3-⑤触る・皮を剥くに対する改善策


これは殆どの場合に癖でやってしまいます。

 

意識的に唇を触らないよう心掛けて、皮が剥けかけていても自分で剥かず、

 

自然と治るのを待ちましょう!

 

自分の自己治癒力を信じてあげるのも大切です!

 

 

 

 


3-⑥古い角質に対する改善策


古い角質はリップスクラブなどで優しくマッサージして汚れと共に

 

定期的にOFFしましょう!

 

リップスクラブの使用は週に1回程度から始めてみて下さい。

 

マッサージ後はリップクリームや保湿液での保湿を忘れずに☆

 

 

 

 

4、まとめ今後のすべきこと

 

●●●まとめ●●●

-----------------------------------------

いかがでしたか?

唇のシワを作る原因が分かり、防ぐための対策も発見出来たでしょうか??

原因の中に自分に当てはまるものが有ったら、すぐ対策をためしてみて下さいね!!

 

'); });